生活動線から見る掃除の効率化

部屋をいつも綺麗にしよう

取り出しやすい場所に収納

掃除道具を、取り出しやすい場所に収納することも重要です。
生活動線の中に掃除道具がないと、わざわざ取りに行かなければいけないので面倒です。
するとゴミを見つけても、放置してしまうかもしれません。
汚いので、いつでも掃除道具を取り出せるよう準備しておきましょう。
リビングに収納すると、すぐ出せるので便利です。
スタイリッシュなデザインの掃除機だったら、リビングの見えるところにあっても雰囲気を壊しません。

使いやすい掃除機を用意することも基本です。
1階を掃除したついでに、2階も掃除しようと考えるかもしれません。
しかし掃除機が重いと、持っているだけで負担になるので2階まで行くのが難しくなってしまいます。
コードレス掃除機だったら軽いので、女性や高齢者でも2階まで簡単に持って行けるでしょう。
2階に行く用事がある時に、掃除機を持って行って掃除しても良いですね。
ついでに掃除する意識を忘れないでください。

また、各部屋に行った時にゴミを回収することもおすすめです。
洗面所やトイレを使った時に、ついでにゴミ箱の中身を確認してください。
ゴミが入っていれば回収して、1か所にまとめましょう。
するとゴミを捨てる日に、家中のゴミを集めなくても良くなります。
生活動線の中に、ゴミを回収するタイミングがきっとあるはずです。
お風呂に入っている時に、掃除を終わらせるのも良い方法です。
壁や床の汚れを落として、排水溝に詰まっている髪の毛なども回収しましょう。

苦手な人でも掃除できる方法

ゴミを見つけたら、すぐに掃除できるよう準備を整えておきましょう。 そのために、掃除道具を収納する場所を考えてください。 押し入れの奥にしまっていると、取り出すのが面倒になって掃除しなくなってしまいます。 リビングの見えるところに、収納することをおすすめします。

簡単に持って行ける掃除機

軽い掃除機を使うことで、もっと掃除が楽になります。 家中を綺麗に掃除できるように、コードレスに買い替えるのがおすすめです。 コードが付いている掃除機は重くなるので、扱いにくいと感じるでしょう。 2階までもって行くのが大変な人は、コードレス掃除機にしてください。

各部屋のゴミを回収しよう

生活を送っていると、ゴミが出ます。 各部屋に、ゴミ箱を設置している人も多いでしょう。 毎週ゴミを出す日が決められているので、1か所にまとめなければいけません。 部屋に入った時に、ついでにゴミを回収すると負担が減ります。 生活動線の中で、ゴミを回収できるタイミングを見つけましょう。