>

苦手な人でも掃除できる方法

見えるところに置いておこう

押し入れの奥に、掃除道具を収納している人が見られます。
それでは、取り出すのが面倒になってゴミを見つけても掃除しなくなってしまいます。
生活動線に合わせて、リビングの見えるところに掃除道具を置くのが良い方法です。
するとゴミを見つけた時に、すぐ掃除できるので部屋が汚くなることはありません。

部屋をいつも汚くしているとホコリが溜まって、病気の原因になるウイルスが蔓延してしまいます。
すぐに風邪などの病気になる人は、部屋が汚いことが原因だったかもしれません。
特に子供は、大人よりも免疫力が弱く病気になりやすいです。
ゴミを見つけたら、すぐに掃除する意識を持ってください。
部屋も綺麗になりますし、それが病気の予防に繋がります。

リビングの雰囲気に合う

掃除機をそのまま出しっぱなしにしていると、片づけていないように見えます。
するとお客さんが来た時に恥ずかしいので、押し入れにしまう人がいます。
しかし、押し入れの奥に入れるのはおすすめできません。
スタイリッシュなデザインの掃除機を買うと良いですね。
それなら、リビングの見えるところに置いても汚く見えることはありません。

お客さんから悪い印象も受けないでしょう。
掃除機を出しっぱなしにしていると、部屋が汚いと思われます。
すると片づけのできない、だらしない人だという印象を与えるので注意してください。
自分は慣れて何も感じないこともありますが、お客さんから見れば汚いと認識されます。
部屋の雰囲気に合った掃除機を用意しましょう。


この記事をシェアする